歯医者が白い義歯か銀歯かを決める基準

歯医者では歯を削ったり、歯を抜くという治療のほかに義歯を入れるという治療も多くを行われます。


一部、あるいはすべて失われた歯の代わりに差し歯やブリッジ、入れ歯などを入れるわけです。

義歯の中でよく知られているものに銀歯がありますが、自分が義歯を入れる場合は銀歯はやめてほしいと考えている人は多いでしょう。

銀歯は明らかに義歯だとわかって目立ちますし、また美観という面でも不自然だからです。
では、歯医者で銀歯ではなく、白い義歯を入れる治療は可能なのでしょうか。



これはもちろん可能ですが、問題は義歯を入れる場所によって変わってくることです。

つまり、基本的に患者に選択権はないのです。

NAVERまとめの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

たとえば、前歯であれば患者がわざわざ歯医者に対して白い義歯を入れてほしいと頼まなくても、ちゃんと白いものを入れてくれます。

しかし、奥歯の場合は銀歯が基本になるのです。



これは健康保険を使うのであれば、奥歯の義歯は銀歯と決められているからです。

なぜ前歯は保険治療でも白い義歯を入れられるのに奥歯は銀歯なのかというと、奥歯は他人に見られることはあまりなく、銀歯にしてもそれほど影響がないからです。


保険治療は、贅沢な治療、たとえばたとえ奥歯であっても銀歯だと美しくないから白い歯にするということは出来ないようになっています。

なので、どうしても奥歯に白い義歯を入れてほしいという場合は、保険を使わず、治療費をすべて自費で払うしかありません。